これぞ正統派!ストロングマヌカハニー

お電話でのご注文は 052-990-2996 平日 9:00-18:00(土日、祝祭日は休み)
お電話でのご注文は 052-990-2996 平日 9:00-18:00(土日、祝祭日は休み)

ストロングマヌカハニー

品質はそのまま、新ラベルにリニューアル!

活性度の限界に挑んだ究極のマヌカハニー

人里離れたニュージーランド北島部

100万本のマヌカ自生林がある山岳地帯

面積125エーカーの弊社直営養蜂場で採取

弊社の天然完熟マヌカ生ハチミツは、1995年より製品化に漕ぎつけ現在に至ります。ニュージーランドに永住権を持ち、海外での養蜂歴が40年以上にもなる日本人の養蜂スペシャリストがリーダーとして就任しています。

ハチミツは、自然の産物です。ミツバチが自らの命を削り一生懸命に採取したものです。そして、そのミツバチ達を来る日も来る日も・・・本当に愛情たっぷりにお世話しているのが養蜂職人達です。ミツバチは、命あるもの・・・一日たりとも気を抜けません。元気なミツバチがあってこそのハチミツです。弊社の養蜂職人達は、常に我が子の様に深い愛情をもってミツバチに接しています。それは、母親と同じ・・・ミツバチ達のどんなに微かな変化でも絶対に見落としません。

そんな養蜂職人の情熱とミツバチ達から生まれた弊社のストロングマヌカハニーは、インターネット上やデパートなどで売られているマヌカハニーと称する量産製品とは、全く異なります。信頼と実績でのみ成り立ち、この種の蜂蜜として活性度の限界まで迫った正真正銘のオーガニック製品です。

※新ラベル・パッケージになりました。
蜂蜜の味や品質・内容量は従来品と変わりません。

ニュージーランド原産ストロングマヌカハニー

20年以上わたり培われた本物だけの証

高品質・不能率・限定生産

同じ物は、二度と出来ません・・・

− ケース1
こんな時に。
  • 寒い季節の心強い味方

    寒い季節にありがちな不快な感じ・・・
    スッキリしない嫌な感じ・・・
    こんな時にも、マヌカハニーが気になる場所にアプローチしてサポートしてくれます。
    マヌカハニーは、寒い季節の心強い味方となります。お客様よりうれしいお声もたくさん頂いております。
    マヌカハニーを積極的に取り入れて、元気に栄養補給しましょう!

  • 不意のアクシデントに

    アクシデントはいつも突然・・・
    それにともなう不快感もイヤ・・・
    不快感があると集中できなかったり・・・
    せっかくの楽しい気分も台無し、なんてこともありますよね!
    マヌカハニーは、そんな時にも内側からも外側からもサポートしてくれます。
    全身に優しいマヌカハニーで不意のアクシデントも乗り切ってしまいましょう!

  • 健やかな毎日のために

    毎日の生活にマヌカハニーを取り入れることで、生活にハリが出てきたと仰る方がたくさんいらっしゃいます。普段の食事からでは不足しがちな栄養もマヌカハニーは含んでいますので、補うことで日々の生活にも変化があるかも? 何だかシャキッとしないなど、生活の中でスムーズにいかない場面・・・
    そんなシーンにおいてもマヌカハニーは、お役に立てると思います。

  • なんだか喉がイガイガ・・・

    環境などによりなんだか喉がイガイガ・・・
    季節の変わり目や、忙しくてもなかなか休めないとき・・・
    喉がイガイガする感じというものは、誰にとりましても本当に不快なものです。
    でもこんな場合にも、マヌカハニーはあなたを内側から優しくサポート! マヌカハニーが、その喉のイガイガにアプローチしてくれるかもしれません。

− ケース2
こんな時に。
  • ケアはしてるのになんか・・・

    仕事にもプライベートにも忙しい日々・・・
    時間に余裕のない忙しい毎日を送られている方には、ケアはしてても追い付かないなんてこともあるでしょう。そんなときには、普段のケアにマヌカハニーをプラスしてみると、ケアの手助けになるかもしれません。
    内側からも外側からも、気になる場所のケアのサポートを、マヌカハニーにお手伝いしてもらいましょう!

  • スッキリしないとき

    なんとなくスッキリしない・・・
    メイクがスムーズいかない・・・
    何だかスッキリ感がなくて、お洒落も決まらないようなときってあるものですよね!
    そんなときは、外側からのケアだけでは追い付いていないのかもしれません。
    マヌカハニーで、内側からもしっかりアプローチしてみましょう。スムーズにスッキリできるかもしれません。

  • エチケットが気になるとき

    なんとなくエチケットが気になるような場面があるかと思います。そんな対策にも、マヌカハニーをお役に立てるかもしれません。
    人と接する機会が多い方のエチケットのサポートにも、マヌカハニーはオススメです。
    内側からも外側からもしっかりと頼れる存在のマヌカハニーは、継続的に取り入れていくことで、もっと自信が持てる毎日へのサポートをしてくれるでしょう!

  • もっとお洒落を楽しみたい

    思い存分にお洒落をしたいのに何だか気乗りがしない気分のときがありますよね・・・
    そんな気分のときにも、内側と外側からのアプローチが良いかもしれません。
    マヌカハニーは、お洒落したい方の救世主ともいえるでしょう!
    美容にも健康にもうれしいのが、マヌカハニーなのです。
    もちろんお洒落に敏感な男性にもオススメ!

極限まで追求する活性強度

妥協などありえません・・・

高品位のハチミツにするためには、ミツバチ本来の自然な習性にゆだねた生産が必須となります。ハチミツは、ミツバチによって作り出されるもの・・・ミツバチが全てともいえます。ミツバチにとって自然は当たり前の事で、我々は、そこから恩恵を受けているのだという事を忘れてはなりません。それは、コストパフォーマンス的には悪いことなのかもしれません。しかし、ストロングマヌカハニーの命である高い活性度を有するためには、妥協などあり得えません。

 

マヌカ樹木原生林のみに展開している弊社養蜂場では、特有要素である【活性強度】を極限まで追求しております。日本人の天性ともいえる繊細さと職人気質を持ちまして、20年以上に渡り尽きることのない情熱と愛情を注ぎながら、ミツバチとマヌカハニーに真剣に向き合ってまいりました。

 

ストロングマヌカハニーとは、それだけの思いの詰まった製品なのです。そんな弊社のストロングマヌカハニーをきっかけに、心からの笑顔へのお手伝いが出来ればというのが弊社の願いであります。マヌカハニーを通じて、愛と笑顔のリレーを目指します。

 

驚異の活性力TCNのストロングマヌカハニー

正真正銘のオーガニック製品!
美味しいから続く
自然にこぼれる笑顔

健康な毎日をマヌカハニーがお手伝い
一日当たりティースプーン2~3杯を
目安にお召し上がり下さい。

【お客様より製品のご感想です。】

◎お守りのようなもの

ずっと冬になると気になっていた健康の悩みがありました。マヌカハニーを食べるようになってから数年、今ではそんな悩みもなくなりました。マヌカハニーは、お守りのようなものです。お友達にも紹介したら今では、すっかりファンになっています。

 

◎感動しています!

今回もお世話になります。二回目の注文ですが、今回はプロポリスも合わせて注文したいと思います。後、先日送って下さったメールの続きもお願いしたいです。
ストロングマヌカハニーって本当に素晴らしいですね! 本物に出会えて嬉しくて感動しています! 信念と情熱を持ってマヌカハニーを作られているのですね! これからもよろしくお願い致します。

 

※体験談はご愛用者の感想であり、実感には個人差があります。

養蜂職人のマヌカハニー情熱ブログ!

  • 予感的中!

    2017年12月18日更新

    オーストラリア大陸から大きな高気圧が来てこの処、天気が安定している。昨日までは春風が強く吹いていたのだが、とりわけ今日は静かで温暖な日である。こういう日は多分何か起こるだろうと朝から気にはなっていたが、まさにその予感が的中したのである。そう、ミツバチの分蜂といわれる巣別れが起こったのだ。
    巣箱の近くにあるブドウ棚に分蜂群が大きな塊となって垂れ下がり、沢山の蜂が一丸となって蜂球を作っている。早くしないと逃亡してしまうので、素早く空の巣箱を用意して蜂球の真下に固定し、蜂がぶら下がっているブドウの枝にショックを与えて振り落とすのである。バッサリと落下した放球の中にはまず女王蜂が入っているので、これを飼育すれば一群ができるのである。

    確か以前にも分蜂の話はしたと思うが、巣箱内が貯蜜や幼虫で一杯になってくると蜂は巣別れの準備をする。新女王蜂を作る為に、王台(Queen Cell)つまり女王が育つ巣房を作り、幼虫にローヤルゼリーを与えて女王に生育する段階で、旧女王は巣箱内にいる半分近い配下の蜂を引き連れ新居に移るために巣箱を去る。この時に必ずといってもよいほど、巣箱近くにある低木などに一旦留まる習性がある。これを捕らえて飼育すれば一群増やすことに成功する。とりわけ分蜂群は捕獲すれば、ほとんどそのまま巣箱に留まり順調に蜂群を増やしてくれるし、この群れは何とか一群として成り立つため、独立群として懸命に自立してゆくので非常に強い群れに育つことが多い。
    人工的に女王蜂を作り出して群れを増やすこともできるが、自然にできた分蜂群の方が数段、群勢が強いようだ。かといって分蜂ばかりしていると、群れ全体が弱くなってしまうので内検を怠ってはならず、Queen Cell を作り出したら取り除かなければならないが、かなり注意をしていても今回のような事はよく起こる。幸いにも発見が早かったので今回はラッキーであった。温暖で無風の春日は要注意なのである。

    因みに、落下した蜂球の中に女王蜂がいないときは巣箱に配下の蜂が素直に入ってゆかずに周囲を飛び廻り女王蜂の周囲に再集結するので、同じことを再度やって収容する。早くしないとあらかじめ偵察部隊によって見つけた新居に向かって飛び立ってしまうので、この作業は迅速さを要する。巣箱に収容するとやれやれである。後は通常に飼育すれば特に問題はないし、分蜂の時期は蜜源が豊富だから自然と一群が完成していく。分蜂群が出た元の巣には新女王ができ、交尾後に産卵が始まり通常の一群として育ってゆく。

  • 干し納豆完成

    2017年12月15日更新

    この5日間全く雨がなかった。早朝になって一時的に大雨が来たが、また強烈な日差しに戻った。家内に頼んで納豆を連日干してもらい、水につける前の元の大豆の大きさまで乾燥したので、これで良しとして容器に納めた。あとは乾燥材を中に入れて終わりである。早速少し取り出し、このブログを書きながらつまんでいる。非常に素朴で飽きが来ず、干し物独特のコクと濃厚さがある。

    以前にも書いたが、こちらは南極に空いたオゾンホールにより、日本の最大8倍強にもなる紫外線が降り注ぎ、皮膚癌は世界一である。紫外線はこうしたマイナス要因のみであるが、ただ釣ってきたアジやサバなどを開き干物を作るには好都合である。梅干しなどの土用干しも鮮やかな赤色が出る。また紫外線の強い年は、活性度の高いマヌカハニーが採取できる。こうして大昔から利用されてきた太陽光線には神秘性が秘められている。これらの事を研究する学問として、放射線化学がある。

    昔、ブラジル東北海岸で、ある商社から依頼され海産物の調査をしていた時のこと。天草の一種で寒天質を含む Guraseralia と呼ばれる海藻があった。これは天草と異なり、加熱しないと寒天質が抽出できないのが欠点で、燃料費のコストで天草とは競争力が落ちた。ところが日本から来たある人物が、偶然にも加熱しなくとも寒天質を抽出できる極めて簡単な方法を見つけた。石灰液にこの海藻を漬け、太陽光にさらすと寒天質が抽出出来たのである。
    このように太陽光には様々な周波数の光線が含まれ、その作用はまだまだ未解明な部分が多い。技術の進歩により食品加工で様々な乾燥方法が進歩したが、何といっても太陽光での乾燥は全てに勝ると思っている。こうして干したものは日持ちがして旨いのである。海産物の干物(魚・イカ・タコ・海藻類など)のみならず、日本ではあまり一般的でないが、南米で食べた干し肉などは一度食べたら忘れられるものではない。(勿論、干し肉も自作している)

    このように古代から伝承された方法の多くは、化学技術が向上した今日でもそれを超越するものは少なく、自然に接したミツバチの飼育によって得たマヌカハニーも全く同じことが言えると思うのである。
    *干し納豆は茶漬けにしてもイケる。麺つゆを少し垂らし、熱いお茶をかけ5分ほど置くと干し納豆がふやけて風味が出る。(納豆菌は120℃までは死なないので有用菌として腸内に取り入れ可能)

  • 自家製納豆の作り方

    2017年12月14日更新

    昨日の自家製納豆の作り方であるが、極めて簡単である。しかしここに至るまでには色んな試行錯誤があった。30年以上前の話だが、ブラジルに住んでいた当時、現地では日本食材は日系社会に行かないと入手が難しかった。納豆は入手しても、現地の日系社会で作っているものだから味には非常にムラがあった。日系社会とはあまり縁がなかったので、わざわざそれを買いに行くのもおっくうであったし、ならば自作してみようと思いついたのである。

    まず大豆を入手してゆっくり柔らかくなるまで蒸し上げる。指で簡単に潰れるくらいでよい。蒸し上がった大豆の中に間髪入れずに市販納豆を入れ、手早く全体が混ざるようにする。それを使い捨ての小型の紙コップに半分程入れて、コップのふちを合わせホッチキスで止める。この作業はできるだけ手早く行い、後はそれを新聞紙で何重にも包み、最後は毛布にくるんで発酵を促す。発酵熱で包み全体がかなり熱くなる。常温で24時間経つと、立派な糸引き納豆に変身する。
    こうして話してしまえば簡単な事だが、初めは如何にうまく発酵させるか加減が分からず、インターネットもない時代だったので自分で実験する以外に方法が無かった。それらの失敗談を話すとキリがないので控える。一番のキーポイントは、納豆菌は高熱で覚醒するという事なのだ。この事が分からなかった為、随分と無駄をしてしまった。
    100℃近くで蒸し上がったばかりの大豆に菌を投入したら当然菌は死んでしまう。適当な温度に下げた後でなければと考えたことが原因で様々な失敗作の連続となった。後に納豆工場で作る現場を撮影したTVを見たが、蒸した(茹でた?)熱い大豆にスプレーで納豆菌をまいていくシーンがあった。そして保温材の発泡スチロール容器に大豆を入れて出荷し、店頭に並ぶ頃には製品となっている。または工場で多少の時間を発酵に費やしているのかもしれない。勿論、納豆になったものを小分けなどできるものではない。
    そしてもう一つ重要な事は、植菌後24時間(これは作る人の好みによる)で出来るが放っておくとどんどん発酵が進み、それに従ってアンモニア臭などが出てくるので、適当な時に冷蔵庫に入れて菌の活動を抑える必要がある。冷蔵庫内の保存では1ヶ月程度は美味しく戴ける。

    種菌の量だが、多ければ多いほど早く発酵する。私はいつも乾燥大豆1㎏につき市販の納豆を4個入れているが、1個でも(時間はかかるが)出来ないことはない。また自作したものを種として利用し作れない事もないが、せいぜい2、3代までで、次第に雑菌の繁殖があるので、香りも含め旨くなくなってくる。
    画像はトレイの中で乾燥大豆3kgを一度に作ったものを、干物作り用の籠に入れて天日干ししている風景だ。干し納豆は味が濃縮して実に旨く、天然製品の為か飽きることなく、健康にも良いのでスナックには最適である。

  • 最高のスナック菓子は

    2017年12月13日更新

    今日は珍しくこの時期にしては時間が取れたので、製品へのお問い合わせを戴く顧客様に返信メールを書いている。まとめて返信するので大変であるが、非常に熱心に品質や養蜂についてのご質問をいただくので、こちらも精いっぱい返信させていただいている。
    このように製品へのご期待が強く感じられるため、つい熱が入って専門的になりがちだ。出来るだけご理解いただけるようにと、かみ砕いて返信をさせていただくのだが、どなたにもご理解いただく文章は大変だ。とくに私のような作文の不得手な人間は一苦労である。何時間もパソコンに貼り付けになることもある。
    こんなことをしていると・・・ ついスナック菓子などに手を付けながらの作業となり、それが習慣となる。何かをしながら食べるというのは無意識に量を食べてしまうことになる。市販されているスナック菓子の袋がいくつも空になり、コーヒーの量もバカにならない。これは健康上決して良いことではないので、少し考えなければならないと家内に忠告された。

    拙宅では家内が好物の納豆を昔から自家製で作っている。南米に住んでいたころ、自家製納豆に挑戦した。何度も失敗して試行錯誤の末、簡単にしかも確実に作ることを発見? したのである。そして大量に作った納豆を天日で干し上げた ”干し納豆” をスナック菓子代わりにしている。市販されているスナック菓子には、客の健康など考慮した製品はまず無く、次から次へとやたらに食べたくなる ”仕込み” がなされ、添加物、着色料など不健康なものばかりだ。その点、自家製納豆は100%大豆のみだし、脳梗塞などの原因となる血液の凝固を防止する成分が含まれているようだ。 納豆そのものを食べるのは、よく糸を引くのでパソコン周辺が汚れ臭くなり良くないが、干し納豆なら何の問題もなく健康的である。次回はその作り方を書こうと思っている。

  • 思わぬアクシデント

    2017年12月12日更新

    流蜜期は分蜂(巣別れ)防止のためにいつも巣箱を点検する必要があり、新しい女王蜂が作られていないかを慎重に点検しなければならない。それでも見落としは必ず起こり、昨日は一度に3群が分蜂してしまい損失となった。ちょっと油断したことが原因だった。

    また悪い事は続けて起こるもので、街道を120㎞ほどで走っていたら後部で異様な音が鳴り、同時にカチカチとした金属音がした。多分トラックの後輪の泥よけが外れたのだろうと思いそのまま運転してしていた。暫くすると積み荷もあまりないのに後部が左右にゆらゆらと揺れはじめた。ガソリンスタンドで駐車して見てみるとパンクであった。
    後輪に直径10mm以上の鎖の破片が突き刺さっていたのだ。おそらく別のトラックの積み荷を固定する鎖が破断し、それを前輪で起こしで後輪に刺さったものと思われる。スペアタイヤに交換して続行したが、休日だったので営業中の修理屋もなく、しかも最も遠い養蜂場への行道であったので再度のパンクが起こらぬよう神頼みであった。

    結局は無事に帰宅したが、こうした中での仕事は本当に疲れるし能率も上がらないものだ。やはり何をするにも安心、安全が基本になるように思う。

  • 蜂産(ほうさん)品の話

    2017年12月11日更新

    今日は蜂産品の混合について少し書いてみよう。蜂産品にはハチミツはじめプロポリス・ローヤルゼリー・花粉・ワックスなどがあることを前にも少し述べたが、これら産品の混合は活性度が増し、健康維持には非常に良いと多くの顧客様からのご報告で確信に至っている。これは少なくとも4000万年以上もの間を生き抜いてきたミツバチたちによる英知の結集だ。
    これらの蜂産品は非常に狭い所で貯蔵されるが、その段階で其々が混ざってしまう事は充分に考えられる。それによりこれらの物質はミツバチにとって都合の悪いものに変化することもありうるわけだが、気が遠くなるほどの長い年月によって解決され、むしろ彼女(ミツバチは女系集団)等にとって有効な物質へと変化させてきたのだろうと考えられている。従って、私は常に顧客様に対して其々の製品の混合・併用を勧めている。

    混合について、弊社マヌカハニーはどれも非常に強い活性力があり特有成分のメチルグリオキサール(MGO)は高反応物質の為、金属製スプーンなどで毎回取り出すと活性度が弱まる可能性があり、できれば木製・樹脂・磁器製などを使用すると良い。スプーン一杯の蜜を取り出し、これを金属製以外の小型容器(盃など)に移し、そこにプロポリス抽出液を添え付けのスポイドで10滴程度滴下し、取り出したスプーンそのものを使って混合、この二者は非常に相性が良く容易に混合できる。そしてその匙を使って摂取するのが一番無駄が無い。プロポリス抽出液とマヌカハニーの混合は、時々の体調によって異なり試行錯誤が必要で、慣れてくれば自ずと摂取量や混合比が把握できる。

    私事で恐縮だが、母は蜂産品の混合を長年食べている。頭もしっかりしていて既に100歳の誕生日を元気で迎えたが、この事は長寿と大いに関係していると思っている。特にハチミツとプロポリス抽出液の混合は、体力が低下した人や年寄りには非常に良いと実感している。

  • Split も忙しいが・・・

    2017年12月08日更新

    先日話していた Split 群だが、画像のように通常の巣箱の半分程の大きさで暫く育て、順調に女王蜂が産卵を繰り返し、蜂群が強くなってきた時点で通常の巣箱に移し替えることになる。今は気温も高くなり、花蜜も豊富であるからチャンスで、この時期は蜂飼いにとってとても重要なのである。

    一箱ずつ慎重に内検して行くが、中には入れた筈の女王蜂が不在で、内勤蜂によって自然王台(女王蜂を巣立てる大型の巣房)が複数作られ、そこから生まれてきた新女王が存在する群れも中にはある。これは何かの事故などによって女王蜂が死んでしまったことによる。勿論1群れ1女王であるので、複数生まれたものは女王同志の決闘によって強いものが座につく。今シーズンは比較的多くの群れを作ろうと思っているので、そのメンテナンスが大変で本当は釣りどころではないのだ。それでも何とか時間を作って、釣りのチャンスも見逃したくないので忙しいのである。

  • スーパームーンに照らされて

    2017年12月07日更新

    昨日はスーパームーンだったが、快晴の当地は月光がとりわけ明るく、明かり一つない養蜂場でも新聞が読める程の明るさがある。満月時は通常でもそれができるのが普通だが、昨夜ははっきりと活字が読めるほど明るかったので、真夜中まで仕事ができた。毎日がこんな調子であれば本当に楽だと思う。

    実は昨夜は夜釣りに行く予定で準備も整っていたのだが、どうしても日中できなかったことがあったので、このスーパームーンを利用して屋外作業をしたわけだ。入手した新しいパレットを巣箱の下に敷く作業だが、夜中はミツバチたちが巣箱内にいるので非常に能率が良く攻撃されることもないので、綿布(防御服)などは付けずに作業ができて非常に楽であるし、涼しくて快適にできる。
    この時期は日増しに気温が上昇し、綿布を付けての日中作業は本当に暑くて大変であるが、このように月光の明るさがあると作業が快適にでき、翌日満月の時は夜遅くまで仕事がはかどる。ただし日中と異なり暗いので、気を付けなければならない事が沢山ある。

  • NZはもう真夏の天気

    2017年12月06日更新

    今年は、気温上昇が早いのか・・・ もう真夏の天気が続き、何日も雨が降っていない。こんな日が来ると海岸の水温が上昇し、降雨がないので近海の塩分濃度が上がり、すぐ近くに回遊魚類が集まってくるので、釣りが好きな私は日没を狙って近くの岩場に出かけることになる。が、残念かなこの処、ミツバチの群れ分け(Split)をして群数を増やしているので、それが順調に行っているかの確認が必要で、毎日それに時間をとられて釣りに行くことができない。新しく作った女王蜂が巣分けした Split 群に適合して、しっかり1群を作っているかを見極めなければならない。

  • ミツバチの集団社会・2

    2017年12月05日更新

    (前回より続く)ミツバチの集団社会ではこうした自分勝手な事は出来ないし、そうした行いは短時間の内に社会全体の破滅を意味することを、少なくとも4000万年の歴史を持ったミツバチ社会は如実に語っているのである。
    そして人間の社会も決して今までの状態では継続できないし、終焉を迎えざるを得ない。本当に平等な社会がやがては到来すると思うし、それは生存する為、本能的にそうした道が開かれると思っている。
    これは、産業革命を凌ぐ大きな構造的な革命がもうそこまでやってきている。具体的には、“ブロックチェーン” と呼ばれるIT技術が急速な速度で加速度的に迫ってきているし、それこそ既成概念は音を立てて崩れ去り、今やその兆しを色んな所で垣間見ることができる。もうすぐ、それこそ “ハチの巣” を突っついたような時代が到来すると思っている。 

マヌカとは・・・
ニュージーランドの大地に咲く
真っ白でかわいらしい花

マヌカとは、ニュージーランド原産の常緑性の高さ5メートル未満の低木です。日本では、ギョリュウバイ(御柳梅)やティーツリーという名の方でよく知られているかと思います。

日本でも見かけるギョリュウバイは、ほとんどが園芸種となり、ピンク~赤系の色で一重と八重の2種を見かけるかと思います。しかし、これらの花からは、残念ながら活性力のあるマヌカハニーやエッセンシャルオイルが採取されることはありません。花蜜も少ないことから、ミツバチも滅多に向かうことはありません。

抗菌活性度の高い活性マヌカ生蜂蜜やマヌカ精油が採取されるマヌカ木というのは、原生林に自生する白色で花弁が一重の花のみとなります。

マヌカ花蜜中のジヒドロキシアセトンが
MGO含有量のカギとなる成分

活性マヌカ生ハチミツの活性力を、極限まで追求しました

~マヌカハニーが出来るまでの過程~

➀ 外勤蜂(働き蜂)がマヌカ花より採取してきた花蜜を、蜜胃と呼ばれる部位にいれて巣箱に持ち帰り、口移しで巣箱内の内勤蜂に花蜜を渡します。花蜜は、内勤蜂(働き蜂)の蜜胃に入ります。

② 内勤蜂は、外勤蜂から受け取った花蜜を蜜胃から吐き出すと、自身の唾液の中に存在する酵素と混ぜ合わせます。これにより花蜜は、ブドウ糖と果糖の単糖へと転化されます。

③ ②の作業と同時に自身の体熱(3739℃)と羽により発生させる旋風を利用して花蜜の水分を蒸散させることにより、糖度80%以上の完熟ハチミツの完成となります。完熟ハチミツは大切に貯蔵されます。(マヌカ花蜜中に含まれているジヒドロキシアセトンは、37℃付近の温度でゆっくりとメチルグリオキサール(MGO)へと変化していきます)

  • ストロングマヌカハニー

    品質に変化はありません・・・
    半永久的に変質しないという特性

    完熟マヌカ生はちみつとは、糖分濃度が80%以上に高められたもので、素になる花蜜はもちろんマヌカの花になります。はちみつの組成は10℃の熱を加えると10%壊れるといわれますが、熱処理をしておりませんので、組成が自然のままで崩れておりません。純粋の生はちみつは自然活性度が高く、一般の加熱はちみつや添加加工のハチミツとは、成分そのものに大きな差があります。天然の有用酵素類にビタミンやミネラル類も豊富に含まれ本当に栄養満点です。さらに、環境保全の最先進国ニュージーランドでの採取なので、安全面でも優れており、正に理想の食品といっても過言ではないかと思います。また、糖分濃度は、80%以上に達すると半永久的に変質しないという特性があります。これは、保存する上でもとても便利な性質だと思われます。

    ストロングマヌカハニー
品名
ストロング マヌカハニー
名称
ストロングマヌカハニー(レプトスペルマム系活性マヌカ生蜂蜜)
原材料名
活性マヌカ生蜂蜜100%(輸入通関時における食品検査にて添加物、残留農薬不検出)(テトラサイクリン、クロラムフェニコール、ストレプトマイシンなど各種抗生物質不検出)
原産国
ニュージーランド
起源植物
マヌカ木(leptospermum scoparium)
内容量
500g
保存方法
常温保存

20周年記念!
ラベル&化粧箱リニューアル
マヌカハニーの老舗ならではの貫禄

※新ラベル・パッケージになりました。
蜂蜜の品質・内容量は従来品と変わりません。

活性強度27+以上の高活性力

MGO®の数値で選ぶ
MGO®1100+【活性強度39+】【500g】
*MGO®含有量分析試験書
¥39,420(税込価格)
数量
MGO®860+【活性強度31+】【500g】
*MGO®含有量分析試験書
¥24,980(税込価格)
数量
この商品とよく一緒に購入される商品
定期購入にすると
12本目を無料でお届けします!

最大なんと40,000円もお得!
1商品からお申込み可能です。
TCNの定期購入をぜひご利用ください。

便利でお得な定期お届けサービス
お電話でのご注文はこちらからどうぞ。
052-990-2996
FAX:050-3153-3845
平日9時~18時受付
(土日、祝祭日は休日)
TCN ONLINE SHOP
お買い物マニュアル
TCN ONLINE SHOPはお客様皆様に安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてでご不明点がある場合は、お気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
  • 選べる
    決済方法
    クレジットカードを持っていない、そんな場合も安心の後払い決済もあります。
    ご都合の良い決済方法でご購入ください。
  • 返品・交換
    サービス
    やむを得ないご事情でキャンセルしたい。そんな時も返品取り替え可能です。
    商品到着後7日以内にご連絡ください。
  • 定期購入
    サービス
    買い忘れも心配なし。希望配達日も選べる定期購入サービス、更に定期購入ならではのお得な特典もあります。
    買うなら断然定期がお得。ぜひご利用ください。
  • 営業日カレンダー
健康食品・サプリメントの通販なら
TCN ONLINE SHOP
Health food & supplement