これぞ正統派!ストロングマヌカハニー

お電話でのご注文は 052-990-2996 平日 9:00-18:00(土日、祝祭日は休み)
お電話でのご注文は 052-990-2996 平日 9:00-18:00(土日、祝祭日は休み)

ストロングマヌカハニー

活性度の限界に挑んだ究極のマヌカハニー!

人里離れたニュージーランド北島部

100万本のマヌカ自生林がある山岳地帯

面積125エーカーの弊社直営養蜂場で採取

弊社の天然完熟マヌカ生ハチミツは、1995年より製品化に漕ぎつけ現在に至ります。ニュージーランドに永住権を持ち、海外での養蜂歴が40年以上にもなる日本人の養蜂スペシャリストがリーダーとして就任しています。

ハチミツは、自然の産物です。ミツバチが自らの命を削り一生懸命に採取したものです。そして、そのミツバチ達を来る日も来る日も・・・本当に愛情たっぷりにお世話しているのが養蜂職人達です。ミツバチは、命あるもの・・・一日たりとも気を抜けません。元気なミツバチがあってこそのハチミツです。弊社の養蜂職人達は、常に我が子の様に深い愛情をもってミツバチに接しています。それは、母親と同じ・・・ミツバチ達のどんなに微かな変化でも絶対に見落としません。

そんな養蜂職人の情熱とミツバチ達から生まれた弊社のストロングマヌカハニーは、インターネット上やデパートなどで売られているマヌカハニーと称する量産製品とは、全く異なります。信頼と実績でのみ成り立ち、この種の蜂蜜として活性度の限界まで迫った正真正銘のオーガニック製品です。

ニュージーランド原産ストロングマヌカハニー

20年以上わたり培われた本物だけの証

高品質・不能率・限定生産

同じ物は、二度と出来ません・・・

− ケース1
こんな時に。
  • 寒い季節の心強い味方

    寒い季節にありがちな不快な感じ・・・
    スッキリしない嫌な感じ・・・
    こんな時にも、マヌカハニーが気になる場所にアプローチしてサポートしてくれます。
    マヌカハニーは、寒い季節の心強い味方となります。お客様よりうれしいお声もたくさん頂いております。
    マヌカハニーを積極的に取り入れて、元気に栄養補給しましょう!

  • 不意のアクシデントに

    アクシデントはいつも突然・・・
    それにともなう不快感もイヤ・・・
    不快感があると集中できなかったり・・・
    せっかくの楽しい気分も台無し、なんてこともありますよね!
    マヌカハニーは、そんな時にも内側からも外側からもサポートしてくれます。
    全身に優しいマヌカハニーで不意のアクシデントも乗り切ってしまいましょう!

  • 健やかな毎日のために

    毎日の生活にマヌカハニーを取り入れることで、生活にハリが出てきたと仰る方がたくさんいらっしゃいます。普段の食事からでは不足しがちな栄養もマヌカハニーは含んでいますので、補うことで日々の生活にも変化があるかも? 何だかシャキッとしないなど、生活の中でスムーズにいかない場面・・・
    そんなシーンにおいてもマヌカハニーは、お役に立てると思います。

  • なんだか喉がイガイガ・・・

    環境などによりなんだか喉がイガイガ・・・
    季節の変わり目や、忙しくてもなかなか休めないとき・・・
    喉がイガイガする感じというものは、誰にとりましても本当に不快なものです。
    でもこんな場合にも、マヌカハニーはあなたを内側から優しくサポート! マヌカハニーが、その喉のイガイガにアプローチしてくれるかもしれません。

− ケース2
こんな時に。
  • ケアはしてるのになんか・・・

    仕事にもプライベートにも忙しい日々・・・
    時間に余裕のない忙しい毎日を送られている方には、ケアはしてても追い付かないなんてこともあるでしょう。そんなときには、普段のケアにマヌカハニーをプラスしてみると、ケアの手助けになるかもしれません。
    内側からも外側からも、気になる場所のケアのサポートを、マヌカハニーにお手伝いしてもらいましょう!

  • スッキリしないとき

    なんとなくスッキリしない・・・
    メイクがスムーズいかない・・・
    何だかスッキリ感がなくて、お洒落も決まらないようなときってあるものですよね!
    そんなときは、外側からのケアだけでは追い付いていないのかもしれません。
    マヌカハニーで、内側からもしっかりアプローチしてみましょう。スムーズにスッキリできるかもしれません。

  • エチケットが気になるとき

    なんとなくエチケットが気になるような場面があるかと思います。そんな対策にも、マヌカハニーをお役に立てるかもしれません。
    人と接する機会が多い方のエチケットのサポートにも、マヌカハニーはオススメです。
    内側からも外側からもしっかりと頼れる存在のマヌカハニーは、継続的に取り入れていくことで、もっと自信が持てる毎日へのサポートをしてくれるでしょう!

  • もっとお洒落を楽しみたい

    思い存分にお洒落をしたいのに何だか気乗りがしない気分のときがありますよね・・・
    そんな気分のときにも、内側と外側からのアプローチが良いかもしれません。
    マヌカハニーは、お洒落したい方の救世主ともいえるでしょう!
    美容にも健康にもうれしいのが、マヌカハニーなのです。
    もちろんお洒落に敏感な男性にもオススメ!

極限まで追求する活性強度

妥協などありえません・・・

高品位のハチミツにするためには、ミツバチ本来の自然な習性にゆだねた生産が必須となります。ハチミツは、ミツバチによって作り出されるもの・・・ミツバチが全てともいえます。ミツバチにとって自然は当たり前の事で、我々は、そこから恩恵を受けているのだという事を忘れてはなりません。それは、コストパフォーマンス的には悪いことなのかもしれません。しかし、ストロングマヌカハニーの命である高い活性度を有するためには、妥協などあり得えません。

 

マヌカ樹木原生林のみに展開している弊社養蜂場では、特有要素である【活性強度】を極限まで追求しております。日本人の天性ともいえる繊細さと職人気質を持ちまして、20年以上に渡り尽きることのない情熱と愛情を注ぎながら、ミツバチとマヌカハニーに真剣に向き合ってまいりました。

 

ストロングマヌカハニーとは、それだけの思いの詰まった製品なのです。そんな弊社のストロングマヌカハニーをきっかけに、心からの笑顔へのお手伝いが出来ればというのが弊社の願いであります。マヌカハニーを通じて、愛と笑顔のリレーを目指します。

 

驚異の活性力TCNのストロングマヌカハニー

正真正銘のオーガニック製品!
美味しいから続く
自然にこぼれる笑顔

健康な毎日をマヌカハニーがお手伝い
一日当たりティースプーン2~3杯を
目安にお召し上がり下さい。

【お客様より製品のご感想です。】

◎お守りのようなもの

ずっと冬になると気になっていた健康の悩みがありました。マヌカハニーを食べるようになってから数年、今ではそんな悩みもなくなりました。マヌカハニーは、お守りのようなものです。お友達にも紹介したら今では、すっかりファンになっています。

 

◎感動しています!

今回もお世話になります。二回目の注文ですが、今回はプロポリスも合わせて注文したいと思います。後、先日送って下さったメールの続きもお願いしたいです。
ストロングマヌカハニーって本当に素晴らしいですね! 本物に出会えて嬉しくて感動しています! 信念と情熱を持ってマヌカハニーを作られているのですね! これからもよろしくお願い致します。

 

※体験談はご愛用者の感想であり、実感には個人差があります。

養蜂職人のマヌカハニー情熱ブログ!

  • 健康でいることの条件・2

    2017年11月22日更新

    前回に引き続いて、健康維持に重要な免疫力についてであるが・・・
    現在の医学では、人体の免疫機構の実に70%が腸管に集結していることが分かってきていることなどを以前にも書いた。それは腸管内の腸内フローラ(腸内の微生物生態系)が大きく関連している。従ってヒトの健康維持は、如何に腸内細菌叢(腸内細菌バランス)を正常に保つかによって大きく左右してくることになる。折角、健康に良い食べ物をとっても腸内環境が良くなければ、それが栄養素として有効に吸収されない。心臓を一回動かすのにもエネルギーが必要となる。

    エネルギー産生は、人体の60兆個ある細胞内のミトコンドリアの一つ一つで作られている。従って充分なエネルギーを得るためには、これらの細胞に必要な栄養素を供給しなければならない。あくまで持論ではあるが、腸内環境だけでも良好にすれば、殆どの健康上の問題は解決されると思う。ところが薬剤でこの問題を解決するのは非常に難しく、腸内環境改善の薬剤はないのではないかとも思っている。そしてストレスは何といっても健康の大敵で、脳と腸との間には密接な神経伝達網がありストレスは簡単に腸に伝達されることも解明され、ストレスによる腸内フローラ(腸内の微生物生態系)へのダメージは計り知れないとされている。
     
    個々の細胞の活性化で得たエネルギーにより、ストレスに負けず腸内細菌叢(腸内細菌バランス)の正常化によって健康維持に貢献できるものと、多くの顧客様のご報告からも確信に至っている。

  • 健康でいることの条件・1

    2017年11月21日更新

    強い風と共に本格的な春がやってきた。すべての生き物が活動的だ。私の部屋の軒下に藤の木があるが、ここに小鳥が枯れ草を運び、今年も住み心地の良さそうな巣を器用に作り出している。まもなく卵を産み、子育てが始まろうとしている。蜂たちも日を追うにしたがって巣箱上空で賑わってきている。
    季節の入れ替わりには色んな事が起こる。家内は幼稚園の教諭をしており子供たちと常に接しているが、この時期は圧倒的に風邪引きが多く、幼稚園側もスタッフの人員補強が大変だと言っている。

    私は常に思うが、健康でいることの条件は ”如何に強い免疫力を持つか” という事だと思う。今まで多くの顧客様から様々な報告・意見などをお聞きしているが、その印象として、病気になれば病院に行き、専門医に診てもらう。薬代などの医療費は国保があるなど、考え方そのものが実に人任せで楽観的な要素を感じてしまう。それはそれで結構なことであるが、やはり重要な事は病気にかからない事だ。感染症・生活習慣病・癌などの重大疾患まで医療機関は大繁盛、国保は大赤字。やはり考え方一つで大きく異なってくるように思えてならない。病気になれば大きなストレス・苦痛・身体へのダメージ、時間の損失等々・・・ これらを金額にしたら大変な支出となってしまう。
    なんでも金に換算したら品が無くなってくるが、一回風邪を引いただけでも相当な金額を損をすることになる。その度合いはその人の収入によって異なるが、とにかく損失であることには間違いない。そんな現実的な考えをすると、私のようなケチ人間は絶対に病気にならない。またそうしたリスクのあるところには近づかない事となる。自然と接している職業柄この点では恵まれていると思うが、都会での生活ともなると、これにはどうしても限界がある。

    感染症について人の目視力では、肉眼の分解能は約0.2mmまでとの事、常に顕微鏡を携帯するナンセンスな奴は何処にもいない。要は敵が見えないのである。だから恐怖が付きまとう。となると唯一の保身の術は、長い年月において培わった免疫力を大事にするしかない。ミツバチの病気で最も怖いアメリカ蛆腐病について以前に触れたことがあるが、結局は薬剤などに頼るのではなく自己免疫力を亢進させるしかない。それには、何といってもストレスのない自然に接した養蜂しかないように思う。ストレスとの関連は、蜂に関わらず人間においても健康維持上、非常に重要な要素となる。

  • メチルグリオキサール(MGO)3

    2017年11月20日更新

    前回に引き続き、メチルグリオキサール(以下本文略 MGO)についてもう少し書くと、マヌカハニーの特有成分としてドイツの学者トーマス・ヘンレによって発見されたわけだが、MGOは異なる化学種の間で電子の授受をともないながらの化学結合を生成・反応において、電子を受け取る側、奪う側の化学種である。その為、多量体の形成する反応によりその形は変化しているので分析試験での同定は難しい。しかし、この反応は不可逆的でないために他の分子オルトフェニレンジアミンと反応させ、2-メチルキノキサリンに置き換えてMGOの含有量を測定できる。

    この研究成果がトーマス・ヘンレの功績となって、マヌカハニー中の活性物質MGOが同定されたのである。手品の種明かしではないが、分かってしまえば非常に単純な事である。しかし何事もコロンブスの卵同然で、そこに到達するまでには、非常なご苦労があるわけである。残念かな、前出のモーラン先生はこの発見に至らなかったことになる。

    マヌカハニー中のMGOは、初めからマヌカ花蜜に存在する訳ではない。花蜜中に存在するジヒドロキシアセトンがMGOの前駆体として存在し、これをミツバチが巣箱内の温度35℃近辺において徐々に反応を起こしてMGOに変化していくのである。
    ここで興味深い実験データがある。マヌカハニーと何ら関連性のないMGO含有量が微量しかない他のクローバーなどの蜂蜜だが、これにジヒドロキシアセトンを投下するとMGOが生成されることが実験データより確認されている。これを当地にいる外国系の輸出業者がMGO数値を上げるために悪用し、第一次産品省(旧農務省)によって摘発されたことがある。因みにMGOの高低については、熟練してく来ると舐めてそれがどの程度のものかは多少判断できるように私は感じる。そして、亜種の多いマヌカ樹木の内、特にインカナム種から採れるマヌカ花蜜にジヒドロキシアセトンが多く、これはマヌカハニーのMGOの含有量に直接関係してくる。

  • メチルグリオキサール(MGO)2

    2017年11月17日更新

    話は変わってそれから数年後、ヨーグルトでピロリ菌除菌を目的に開発中の、ある有名な食品メーカーの開発担当者から突然私に電話が掛かってきた。
    御社のホームページを見て、私のところも研究の結果ヨーグルト中のピロリ菌除菌の成分としてほぼ同じような、つまり ”small molecule 9 around Mr 200” あたりの分子構造に行き着いたとの事だった。このスタッフの話では「将来的には、御社の製品が唯一の競合製品になるのでいろいろと話を聞きたい。」との事であった。非常に礼儀正しい技術者であったので、私の知っている大体の事は伝えた次第だ。
    その後、こんなことはすっかり忘れてしまっていたが、最近になって弊社の顧客様から、この会社のヨーグルトを食べているが一向にらちが明かない等の話を再々耳にする。

    現在は、マヌカハニーの活性成分がメチルグリオキサール(MGO)であることはドイツの学者によって発見されたが、その成分であるMGOと、当時モーラン先生の仮説であった、またヨーグルトメーカーの研究成果であったらしい ”9 around Mr 200” との因果関係を知りたく思っているが、中々雑用が多くて今だ勉強するに至っていない。今度入社してくる薬剤師にこの件を尋ねてみる事にしている。

  • メチルグリオキサール(MGO)1

    2017年11月16日更新

    今日はマヌカハニーの特有成分メチルグリオキサール(MGO)について少し話そう。
    このメチルグリオキサール(以下本文略MGO)については、マヌカハニー中に発見されてまだそれほど時間が経っていない。以前からマヌカハニーには強い活性力があることが様々な実験でもよく認知されていた。しかしそれが何の成分であるのかは、20余年にわたる研究でも全く解明されていなかったのである。マヌカハニー研究の第一人者であり、私の恩師でもある故ピーター・モーラン博士を初めて国立ワイカト大学に訪ねたのが、今から20年も前の事だった。

    先生は英国ウェールズ出身で、親しみやすくとても気さくなお人柄だ。私にも分かりやすく、よく冗談を交えて様々な事を教えて下さったものだ。特にマヌカ樹木の分類につきご教示頂き、発売に至っているインカナム種のマヌカハニーについての活性度研究にはとりわけご熱心であった。
    こうした研究に生涯をかけた研究者で、その研究成果は広く世界的に知られている。先生は当時、マヌカハニーの活性成分についての私の単刀直入な質問に対し、その決め手となる成分について以下のメールを送って下さったのである。

    We have not yet isolated the component in a pure form to allow its identification. All I know so far is that it is a small molecule 9 around Mr 200,very hydrophilic.
    (我々は今のところ活性物質を純粋な形で取り出す事ができていなく、それがどのような物質か明確でないが、非常に親水性が高い小さな分子で molecule 9aroundMr 200 付近であると推定している。)

    この事は、リニューアル前の弊社ホームページにも掲載してある。 http://www.tcn.co.jp/pps/manuka/index.htm

  • 女王蜂誕生・2

    2017年11月15日更新

    昨日に続いて群れを増やす為の女王蜂作りの話だが、これには色々な意見やアイデアがあって特に定められたものがない。

    女王蜂と働き蜂の違いは、ローヤルゼリーを与えられたか否かで決定する。例えば移虫の際、用意したローヤルゼリーや内勤蜂に人工餌を与える方法もあるが、私はこれはあえて行わない。人間の赤ん坊もそうだが、成長段階において与えるミルクの濃度や成分が異なってくるのと同じで、出来るだけ人の手は差し出さず、内役蜂(子育て蜂)による世話に任せる方法をとっている。そのほかにも移虫後に添えるフレームは、他の群れから持ってきて専用の巣箱を用意して育てることもしない。
    このように人間がこうしたらもっと良いだろうという考えが、必ずしもミツバチの生態と一致しないからだ。やはりミツバチの事はミツバチに任せた自然さが、基本的に重要だと思っている。下手な手出しは育児をする内役蜂のストレスとなり、丈夫で性能が良い女王蜂を得ることができないように思うのだ。だから女王蜂を育てるには、内勤蜂が今まで生活していたところを利用することにしている。
    いろいろやってみたがこれが一番成功率が高いように思える。画像は産卵から16日目に生まれてきた女王蜂であるが、巣房をかみ切って出てきたもので、これをクイーンケージと呼ばれる四角い籠の中に内役蜂10匹程と共に入れる。そして内勤蜂を5000匹・サナギ・蜜が付いたフレームからなる小型巣箱を用意して、フレーム間にクイーンケージを固定する。しばらくすると、クイーンケージ内の砂糖(キャンディー)でふさがれた出口を破って色んな群れから集まった雄蜂の待つ上空へ飛び立ち、複数の雄蜂と交尾をして精子をため込んで帰巣し産卵を始める。複数の雄蜂との交尾は、遺伝的に多様性を得るためである。交尾飛行中に鳥などに食われてしまったりで帰って来ない女王蜂もいるので、交尾後の女王蜂を得ることによってやっと1群れが成り立つことになる。
    女王蜂はその後順調に産卵をすることになるが、商業寿命は2年程で更新が必要となる。

  • 女王蜂誕生・1

    2017年11月14日更新

    春は色々とやることが一杯あり結構忙しくしている。群れを増やすにはチャンスなので女王蜂を作っている。いろんな方法があるが、今やっているのは、まず巣房の中に生み付けられた幼虫を人工王台と呼ばれる樹脂製の小型容器(ピーナッツの殻ほどのサイズ)に移す。生まれて間もない、非常に小さな幼虫なので熟練を要す。
    移虫には移虫針というツールがあり、竹・樹脂・ステンレス製などがあるが、私は中国製の竹で作られたものが好きだ。幼虫を傷つけないように繊細な神経と迅速さが必要だ。 産卵後12時間から24時間内の幼虫を取り出すのが、最も丈夫で性能の良い女王蜂になるように思う。

    この卵から幼虫の時間については養蜂家により様々なノウハウがあるが、幼虫には出来るだけ早いうちに多くのローヤルゼリーを(内勤蜂によって)与えられた女王蜂の方が、健常な女王になると私は思っている。そして移虫したものは素早く巣箱に戻すのであるが、このときに幼虫が沢山集中したものと花粉が詰まったフレーム(巣枠)間に、移虫済みの巣枠を挿入する。その理由だが、幼虫がいるフレームは子育ての為、内勤蜂が多く世話をしている。一方、花粉が多く詰まったフレームは、内勤蜂がローヤルゼリーを分泌する元となる食料であるから、これは女王を育てる上で出来るだけ近くにある方が良いという考え方だ。

    人工王台が取り付けられた1フレームには最高で60個を仕込むことができるが、世話をする内勤蜂の量にもよるので私の場合は30個程度が能率的だと思う。このように、移虫された幼虫は2段の巣箱上部内に移されるが、下段に現存する女王蜂が2階に上がってこないように、隔王板と呼ばれる格子状の蓋で仕切る。体の大きい女王蜂は、ここを通り抜けることができない。この隔王板がないと女王蜂は、新女王誕生を拒否し殺すことになる。また2階に女王蜂が存在すると、内勤蜂は新女王となる幼虫にローヤルゼリーを与えず女王蜂は育たない事にもなる。そして出生から16日目で女王が誕生する。この作業は大変ではあるが、新しい命が生まれるという事は嬉しいものだ。私には生まれて間もない初孫が日本にいるが、面会するのが楽しみである。

  • 蜂産品の素晴らしさ

    2017年11月13日更新

    蜂産品はハチミツに限らず、ローヤルゼリー・プロポリス・花粉・ワックス・蜂毒があり、蜂が産するものは何でも有効に利用できる。利用できないのは糞だけである。もっとも糞は巣箱内で排泄しないので、これを集めることはできないが・・・。
    前にも書いたが、群棲の弱い群れを身近において庭で飼育している事につき近所からクレームが来たが、一番の原因はこの糞で窓ガラスや自動車が汚れることである。働き蜂は巣箱から飛び出して大体50メートくらいの空中で排泄をするので、ちょうど近所の家に迷惑がかかることになる。最近は近所でも飼育しているので、その糞が私の群れかは証明できないが・・・まぁそうであろう。色は透明に近い黄色味を帯びているので、それほど汚く目立つものではないが、量の問題だと思う。前にも書いたが、市役所がどのように判断するかが問題である。ニュージーランドも農薬の影響でミツバチが減少し、果物は勿論、野菜に至るまで生産に影響しているのだから・・・。多分、そんなことから市役所は何も言ってこないのだろう。

    ローヤルゼリー・プロポリス・花粉は弊社で販売中だ。蜂毒は、スズメバチの類でオオスズメバチの1刺しの量が最も多いが、面白い事に攻撃性が弱いセイヨウミツバチの毒性が最も強い。
    また古来からミツバチの毒を利用した蜂針療法がある。特にリウマチなどの組織障害に良いとされているが、過敏症が起因となるアナフィラキシーショックがあるので注意を要する。
    ワックスであるが、これは働き蜂が採ってきた花蜜より作り出されハニカム(Honeycomb)構造によって巣房を作り、そこに幼虫を生み育てたり、蜜や花粉のストック場所となる。見事な正六面体は、これが構造上一番丈夫でワックスがムダなく作れて実に合理的な方法だ。よく見ると、この巣房の一つ一つが全て上向きに作られていることが分かる。それは重力で蜜がこぼれないようになっている。これは全て花蜜の成分によって作られるが6~8倍のハチミツが必要となる。つまり、1キロのワックスはハチミツ6~8kgが必要となる。従って巣枠(フレーム)に作られた巣房は、蜂飼いにとって財産なのである。これがなければ働き蜂は蜜を貯めるところがない。だから最初にこれを作るのだが、非常に多くの蜜と時間が必要となる。もっとも巣房内の蜜を遠心分離器で離蜜した後、巣房はそのまま使うことができ、これがあれば即採蜜が可能となるからだ。但し、他の群れの巣房を他の群れに利用してはならない。病気の感染経路となってしまうからだ。だから私のところは、各フレームにその巣箱の管理番号が刻印されている。

    因みにビーワックスの用途として、高級化粧品の原料・デコレーションケーキなどのローソク・楽器などの塗料などに使われる。弊社の懇意にさせて頂いている顧客様で、管楽器製造の熱心な職人さんがいらっしゃるが、私のところの蜜蝋(beewax)を使うと、楽器の性能が向上すると仰ってお買い上げ頂いている。画像のように黄金色で非常に香りが良く、この色は花粉が由来する。娘がローソクを作ってクリスマスなどに灯すが、何ともいえない香りでリラックスでき、アロマなどにも利用できるはずだ。

  • インカナム®マヌカハニーについて

    2017年11月10日更新

    今月から発売が予定されているインカナム®マヌカハニーであるが、これは私が懇意にしている小規模養蜂場で採取された製品である。そのほとんどが、ホビー(趣味)などで養蜂をやっている人たちが多く、弊社養蜂場によく遊びに来ては、いつも飼育方法などで話に熱が入る。何度も話しているように、やはり本当に良い製品を得るには、ミツバチの健康を考え、ストレスを与えぬよう如何に自然に接するかが顧客様の健康につながると信じている。
    しかし、これが大規模で商業的な養蜂になってしまうと色々と事情が違ってきてしまう。一例では、冬場の餌に砂糖を与えたりすることになる。それは流蜜シーズンに出来るだけ生産を上げるため、ミツバチが越冬する貯蜜まで収穫してしまうからだ。

    それから、もっとも見ていて哀れなのはポリネーション養蜂だ。これは花粉交配用にミツバチを利用するのであるが、農産物生産者にとっては、高い増産性が見込まれるため魅力ある方法であるが、ミツバチから見ればとんでもない災難なのだ。特に温室やビニールハウス内でのポリネーションは、残留農薬などにさらされるミツバチへのダメージは計り知れない。
    当地ニュージーランドでは、キウイフルーツ・リンゴ・柑橘類はじめ、広域な野菜類に至るまでポリネーションが盛んであり、養蜂家が貸し出すことによる収益は、かなりのウェイトを占める。しかしこれは、ミツバチのダメージとの引き換えであり、私は決してこれに同意するものではない。農薬や化学肥料を使わないオーガニック栽培であればまだしも、通常の農業生産において、このような手法をもっての生産はミツバチの生存に関わることであり、4000万年以上も続いたミツバチの歴史に大きく影響し、自然環境を破壊する何物でもない。
    この事は懇意にしている小規模養蜂家も全く同じであり、危惧している。

  • 当地からの旅行先は

    2017年11月09日更新

    大きな高気圧がオーストラリア大陸からやって来て、ニュージーランドがこれに覆われている。さぞ良い天気が続くだろうと思っていたが、時々小雨が降ったりでなにがなんだか分からない。春はこうした不安定な気象となるのは分かっているが、それにしてもこの時期の天気の予測は難しい。ミツバチは益々活性が強くなっていて、冬季の3倍の所帯にはなっている。冬季の寒さで失った群れの挽回に、この時期を利用して群数を一生懸命増やしているので、結構忙しい日々が続いている。

    養蜂は前にも話したように畜産業に分類され、生き物を飼育しているので余程の事がない限り、現場を離れることはできない。たまには海外へ旅行に行ってみたい気にもなるのだが、とりわけこの時期は駄目だ。やはり冬場だけに限られる。冬は雨が多く寒いので、むやみに巣箱を開けない方が良い。
    冬の当地は、近くの南太平洋の島々への観光に人気がある。私もよくクック諸島やトンガ王国、タヒチ諸島などに羽を伸ばす。当地からは簡単に行くことができるので、いつも楽しみにしている。そこには、当地の冬の悪天候とは全く異なった別世界があり、私の大好きな熱帯果物なども一杯あり、海産物も豊富だからうれしい。
    これらの島々は大半が観光地として俗化されている。私はそれが面白くないので、小型機であまり人の来ないところまで行くが、結構カネもかかる。こういうところもヘソ曲がりな性質が損をしていると、いつも家内に文句を言われるが・・・ 今更、是正するつもりなどさらさらないのである。何回も蜂に刺されていると、こういう性格になってしまうのだろうか・・・ と真面目に考えることすらある。

マヌカとは・・・
ニュージーランドの大地に咲く
真っ白でかわいらしい花

マヌカとは、ニュージーランド原産の常緑性の高さ5メートル未満の低木です。日本では、ギョリュウバイ(御柳梅)やティーツリーという名の方でよく知られているかと思います。

日本でも見かけるギョリュウバイは、ほとんどが園芸種となり、ピンク~赤系の色で一重と八重の2種を見かけるかと思います。しかし、これらの花からは、残念ながら活性力のあるマヌカハニーやエッセンシャルオイルが採取されることはありません。花蜜も少ないことから、ミツバチも滅多に向かうことはありません。

抗菌活性度の高い活性マヌカ生蜂蜜やマヌカ精油が採取されるマヌカ木というのは、原生林に自生する白色で花弁が一重の花のみとなります。

マヌカ花蜜中のジヒドロキシアセトンが
MGO含有量のカギとなる成分

活性マヌカ生ハチミツの活性力を、極限まで追求しました

~マヌカハニーが出来るまでの過程~

➀ 外勤蜂(働き蜂)がマヌカ花より採取してきた花蜜を、蜜胃と呼ばれる部位にいれて巣箱に持ち帰り、口移しで巣箱内の内勤蜂に花蜜を渡します。花蜜は、内勤蜂(働き蜂)の蜜胃に入ります。

② 内勤蜂は、外勤蜂から受け取った花蜜を蜜胃から吐き出すと、自身の唾液の中に存在する酵素と混ぜ合わせます。これにより花蜜は、ブドウ糖と果糖の単糖へと転化されます。

③ ②の作業と同時に自身の体熱(3739℃)と羽により発生させる旋風を利用して花蜜の水分を蒸散させることにより、糖度80%以上の完熟ハチミツの完成となります。完熟ハチミツは大切に貯蔵されます。(マヌカ花蜜中に含まれているジヒドロキシアセトンは、37℃付近の温度でゆっくりとメチルグリオキサール(MGO)へと変化していきます)

  • ストロングマヌカハニー

    品質に変化はありません・・・
    半永久的に変質しないという特性

    完熟マヌカ生はちみつとは、糖分濃度が80%以上に高められたもので、素になる花蜜はもちろんマヌカの花になります。はちみつの組成は10℃の熱を加えると10%壊れるといわれますが、熱処理をしておりませんので、組成が自然のままで崩れておりません。純粋の生はちみつは自然活性度が高く、一般の加熱はちみつや添加加工のハチミツとは、成分そのものに大きな差があります。天然の有用酵素類にビタミンやミネラル類も豊富に含まれ本当に栄養満点です。さらに、環境保全の最先進国ニュージーランドでの採取なので、安全面でも優れており、正に理想の食品といっても過言ではないかと思います。また、糖分濃度は、80%以上に達すると半永久的に変質しないという特性があります。これは、保存する上でもとても便利な性質だと思われます。

    ストロングマヌカハニー
品名
ストロング マヌカハニー
名称
ストロングマヌカハニー(レプトスペルマム系活性マヌカ生蜂蜜)
原材料名
活性マヌカ生蜂蜜100%(輸入通関時における食品検査にて添加物、残留農薬不検出)(テトラサイクリン、クロラムフェニコール、ストレプトマイシンなど各種抗生物質不検出)
原産国
ニュージーランド
起源植物
マヌカ木(leptospermum scoparium)
内容量
500g
保存方法
常温保存

採取から検品までこだわった
正真正銘のオーガニック!

 

活性強度27+以上の高活性力

MGO®の数値で選ぶ
MGO®1100+【活性強度39+】【500g】
*MGO®含有量分析試験書
¥39,420(税込価格)
数量
MGO®860+【活性強度31+】【500g】
*MGO®含有量分析試験書
¥24,980(税込価格)
数量
この商品とよく一緒に購入される商品
定期購入にすると
12本目を無料でお届けします!

最大なんと40,000円もお得!
1商品からお申込み可能です。
TCNの定期購入をぜひご利用ください。

便利でお得な定期お届けサービス
お電話でのご注文はこちらからどうぞ。
052-990-2996
FAX:050-3153-3845
平日9時~18時受付
(土日、祝祭日は休日)
TCN ONLINE SHOP
お買い物マニュアル
TCN ONLINE SHOPはお客様皆様に安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてでご不明点がある場合は、お気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
  • 選べる
    決済方法
    クレジットカードを持っていない、そんな場合も安心の後払い決済もあります。
    ご都合の良い決済方法でご購入ください。
  • 返品・交換
    サービス
    やむを得ないご事情でキャンセルしたい。そんな時も返品取り替え可能です。
    商品到着後7日以内にご連絡ください。
  • 定期購入
    サービス
    買い忘れも心配なし。希望配達日も選べる定期購入サービス、更に定期購入ならではのお得な特典もあります。
    買うなら断然定期がお得。ぜひご利用ください。
  • 営業日カレンダー
健康食品・サプリメントの通販なら
TCN ONLINE SHOP
Health food & supplement