インカナムマヌカハニーMGO550+スティックタイプ3箱&ボトルタイプ1本セット トップイメージ画像 インカナムマヌカハニーMGO550+スティックタイプ3箱&ボトルタイプ1本セット トップイメージ画像

マヌカハニーを携帯したい。
そんなお客様の声から実現した
MGO®550+スティックタイプ。

手軽さと高活性で人気の「インカナム®マヌカハニー」に、携帯に便利なスティックタイプができました。
普段使いにぴったりなMGO®550+のマヌカハニーで、毎日の健康・美容をサポートいたします。
消化器官が未熟な1歳未満の乳児には与えないでください。

2020年・2019年モンドセレクション
「金賞」受賞
TCN製品はニュージーランド産マヌカハニーとして 世界で初めてモンドセレクションより金賞が授与されました。 TCNマヌカハニーシリーズ
モンドセレクション金賞受賞について

《モンドセレクション金賞受賞品》
インカナム®マヌカハニー
MGO®550+スティックタイプ3箱&
ボトルタイプ1本セット
原材料 純粋活性マヌカ生はちみつ
(レプトスペルマム系蜂蜜)
内容量 スティック:50g(5g×10包)×3
ボトル:500g×1
価格 23,106円(税込)
数量

“除草剤” 養蜂職人が語る真実

TCNマヌカハニーの安全性が証明されております。食品検査結果書は >>こちら
季節の逆なこちらニュージーランド北島にも日本と同じように春一番が吹き始めた。日差しは日増しに明るくなりマヌカの若葉が萌えている。裏腹に冬に咲き鮮やかな黄金色のゴースと言うイギリス渡来の棘だらけの雑草花はすっかり勢いを無くし散りかけている。日本ではどこかのライターが書いた”グリホサートカリウム塩”が含まれた除草剤(商品名ラウンドアップ)がニュージーランド産はちみつに残留している可能性があるとしてニュースとなっている。弊社にも沢山の問い合わせがあるようだ。しかしながら、こんなことはニュースでも何でもない。以前からこの問題は指摘され、何もはちみつに限らず、全ての農産物にはこのリスクがある。農業は雑草との戦いである以上、除草剤との問題はつきものである。
日本のコメ農家の話では自家用は別の水田でつくるという話を聞いたことがある。・・・

さて、冒頭話した草丈2メートルに達するゴース(Gorse)と言う棘だらけの雑草だが、これは植民時代に生垣に植えられたり、農作物へのナメクジの侵入を妨ぐために輸入されたと言われているが、今やニュージーランド中いたるところで普通に見ることが出来る。特に牛や羊の牧草地に侵入してくると植生が強いので、瞬く間にはびこってしまい畜産業泣かせの雑草である。(その他にTobacco Weed・Wild Rose・Kikuyu・Wild Berryなど)養蜂も畜産業に分類されるが、私どもにとってはこのゴースと言う草は数少ない冬季に咲く花として非常に重要で、この花の花粉はミツバチにとって良質な蛋白源であり特に幼虫の生育には必須的な存在でもある。だから、蜂場内にこの草が生えたからと言って目の敵には決してしない。(参照ブログ:https://tcn-ec.co.jp/nz-message/13317-2/ )こちらに来て25年以上養蜂を生業としているが、もしこの花がなかったならとりわけ越冬には苦労したであろう。ところが牧場主にとっては大変な邪魔者、百害あって一利なしで大切なクローバーをはじめとした栄養価の高い牧草が、この侵入者によって台無しになってしまうしその繁殖力は半端ではない。これらの群生地には、トラクターでけん引したスピードスプレアーと呼ばれる噴霧式ポンプ車、或いはヘリコプターを利用してラウンドアップなどのグリホサート系除草剤の空中散布が行われる。

はちみつへの影響は、特に蜜源がクローバーである場合に顕著に表れる。だから、農地・牧場などが蜂場から近いと、どうしてもこの影響が避けがたいことになる。私のところの養蜂場は人里離れた人っ子一人いなくマヌカ樹木を通り抜ける風音とミツバチの羽音しか聞こえない山岳地帯にある。でないと高活性のマヌカハニーの採取が困難だからだ。
日本向けに輸出されるマヌカハニーと呼ばれる製品は、ニュージーランド全土から買い集められたはちみつに様々な蜜を混合してつくられている。大規模業者ほどこうしたやり方が顕著である。その理由は、均一化された製品と安定的な供給が命となるからだ。世界中のはちみつマーケットを相手とする以上、当然そうなってしまうのであろう。従って純粋なマヌカハニーなどと称しているが実に不透明である。

マヌカハニーのランク付けは特有成分のメチルグリオキサール(MGO)の含有量が決め手となる。量産のマヌカハニーは、そこそこの活性度を得るために安物のはちみつによって増量される。その方が本物を売るよりはるかに儲かり安定供給が可能になるからだ。私どもは自社生産として、マヌカハニーの特長を十分理解した上で活性度の限界への挑戦を25年以上してきた。また、同時にリーズナブルであっても純粋な製品を生産理念としている。だから、苦労して採った本物に除草剤の影響を受けた安物のクローバー蜜などによる増量は、職人のプライドからとてもできることではない。

昨今はコロナの影響かマヌカハニーの人気が国際的で、マヌカハニーは高級はちみつとして位置付けられている。依頼した当地の充填業者も、信頼性が希薄で異なったはちみつを充填されたなどの話も良く聞く。
弊社では、私たちやその指導下にあって連合する小規模養蜂場から採ったはちみつそのものを、直接バルクで輸出し日本のJAS規格を有する工場で充填している。従って弊社製品は除草剤などとは無縁な話であり、そうした量産品とは似て非ざるものである。

問題のグリホサート系除草剤についてであるが、この薬は植物体内においてアミノ酸合成を阻害するメカニズムがあり、葉面散布によって大方の植物は死んでしまう皆殺し的な薬だ。ところがこの除草剤に自然耐性を持っている植物もあり、その代表的なものがクローバーである。牧場などにはびこるイネ科はじめ広域な雑草にも効果があるが、クローバーはグリホサート系に対して耐性があるため、枯れてしまうことは無い。放牧地で重要な牧草(クローバー)には、グリホサート系は願ってもない除草剤と言われ使用頻度も極めて高い。こうしたメカニズムを利用して遺伝子組み換えにより大豆・トウモロコシ・ジャガイモなど、多くの可食植物にクローバーなどの除草剤耐性遺伝子が導入されている。それにより無作為に除草剤が使用されても栽培植物にはダメージが免れることになる。これは大幅なコスト削減に貢献するため、世界中で使われている。
私どもの養蜂場にこの恐ろしい除草剤が撒かれてしまうと、マヌカ樹木はじめ前出のミツバチにとって栄養価の高いゴースなど、すべての植物がグリホサートによって根まで完全に枯死してしまう。勿論、マヌカハニーなどの採取は夢の話しと化す。私どもニュージーランド事業所は25年前の設立以来、自然に任せたマヌカ蜜の高活性蜜採取を唯一の目標として、人里離れたマヌカ樹木群生地の山脈地帯で養蜂を実践してきた。クローバーなどの除草剤に汚染された蜜など、と言うよりこうした雑蜜は量産品製造屋が興味あることで、純度を求める弊社とは大よそ関係ない。そんなことから弊社製品に限っては何らこうした人為的な問題は皆無であり、この世で最も安全な食品と宣言したい。

2020年8月18日(火曜日)
(株)TCN ニュージーランド事業所 主幹
生産担当  養蜂職人  辻   重

こんな要望が寄せられました。職場でも食べたい!旅行に持って行きたい!いつでも新鮮な状態を楽しみたい! インカナムマヌカハニー
MGO®550+(スティックタイプ) イメージ画像 こんな要望が寄せられました。職場でも食べたい!旅行に持って行きたい!いつでも新鮮な状態を楽しみたい! インカナムマヌカハニー
MGO®550+(スティックタイプ) イメージ画像

TCNだけが分包化できた
MGO®550+の
インカナム®マヌカハニースティック

かねてよりたくさんのお客様から「携帯できるものが欲しい!」というご要望を多くいただいていたマヌカハニーシリーズ。
4種類のグレードから様々な検討を重ねた結果、品質・価格ともに最も製品化に相応しく出来上がったのが「インカナム®マヌカハニーMGO®550+」でした。MGO®550+クラスは一般販売市場の限界値ですが、さらにこのグレードを分包化しているのは、マヌカハニーの現地生産者であるTCNグループだけです。

スポーツ時の利用イメージ スポーツ時の利用イメージ

アスリートの方にも愛される
実力派マヌカハニー

スティックタイプの実現に向けて、パーフェクトで効率的なエネルギー摂取を日々求めるアスリートの方々からのご要望がとても多くありました。
弊社マヌカハニーをご愛用される皆様は、サッカー選手・オリンピック選手・ボディービルダー・歌手・アナウンサー・役者など、肉体を酷使し日々の体調管理に余念のない感度の高い方々ばかりです。スティックタイプであれば決められた容量を素早く補給できるため、管理面でも大変優れています。

1包の内容量を器に出してみた画像

1包5gには理由があります。

1包5gはお口に残らず食べきるのにちょうど良いサイズです。
体調サポートのために、1日に3回以上きちんと食べたい方はボトルとの併用をおすすめ。朝晩はご自宅でボトルから1さじ、日中は外出先でスティックを1~2本と計画的に食べ分けられるので大変便利です。併用される方々には、大変お得なセット販売もご用意しております。この機会に是非どうぞ。

1包の内容量を器に出してみた画像

活性度と価格を両立する養蜂職人のこだわり 活性度と価格を両立する養蜂職人のこだわり

マヌカの木画像 マヌカの木画像

ポイント1 直接指導する契約養蜂場のはちみつを使用 ポイント1 直接指導する契約養蜂場のはちみつを使用

TCNニュージーランド事業所の日本人養蜂職人がTCNの品質基準の満たすよう指導・厳選したはちみつだけをブレンドして使用しています。

TCNクオリティーを維持する
辻 重(つじ しげる)
による生産指導。

インカナム®マヌカハニーの製品化はTCNニュージーランド事業所ですが、使用しているはちみつは弊社の養蜂職人が直接指導を施す小規模養蜂家が生産・採取したものです。

小規模養蜂場の利点は、何といっても管理が隅々にまで行き届くという点。NZの養蜂家は、お国柄大雑把な方が多いのですが、(株)TCNニュージーランド事業所特約養蜂場に関しては、基準をクリア出来ないマヌカハニーは許可しておりません。 将来的には、これらの実直な小規模養蜂場グループから成り立つ、本物を追求した生産者組合を目指しています。

マヌカ花画像 マヌカ花画像

ポイント2 インカナム種花蜜100%の高活性 ポイント2 インカナム種花蜜100%の高活性

ジヒドロキシアセトンを豊富に含んでいる唯一のマヌカ樹木・インカナム種由来の花蜜は、レンゲやアカシアの花蜜より穏やかな甘さも特徴です。

活性度を決める
MGOの元となる
「ジヒドロキシアセトン」

インカナム種(Incanum)※は、ニュージーランド原生林に自生する白色で花弁が一重の花が咲く品種です。この種の木からは活性力のあるマヌカハニーやマヌカオイルが採取されます。

※インカナムは、TCNの登録商標です。

インカナム種の花と園芸種の花の比較画像 インカナム種の花と園芸種の花の比較画像

リーズナブルでも品質に妥協しません リーズナブルでも品質に妥協しません

大量生産では真似のできない
こだわりの品質と安心・信頼もお届けします。

MGO値分析測定はニュージーランド政府が正式に認可する分析機関を採用しています。その中でもより信頼性が高く、分析技術の向上に積極的な「アナリティカ分析所」にて計測し、その結果である「天然メチルグリオキサール含有量分析試験書」複本と、その日本語翻訳書がお買い上げ品に同梱されます。

商品ラベルMGO550+部分拡大画像

国内初!
分析書開示を始めた
元祖企業

TCNでは、平成22年4月より、天然メチルグリオキサール(MGO)含有量分析試験で得た数値を基に、活性度の算出確認をもって【活性強度】および【MGO】含有量も合わせ、全製品に表記させていただいております。また、国内で初の分析書開示を始めた元祖企業となります。

MGO MGO MGOは、はちみつに対するTCNの登録商標です

TCNは、日本人職人がニュージーランドでマヌカハニーを採取し、産地直送で日本に販売する国内市場のパイオニアです。
MGOは、株式会社TCN(旧テクノート)が平成23年より登録商標として特許庁に認められています。同じくインカナム(登録第5843128号)、ストロングマヌカハニー(登録5585620号)もTCNが商標権を有しています。

安心の品質除草剤などとは無縁の環境で採取

近隣からの農家・農場の影響を受けることのない大自然の環境で養蜂活動を展開し、蜂場内にはいかなる理由があっても薬剤は使用しません。農業は雑草との戦いである以上、除草剤との問題はつきものですが、現地では以前より薬剤に関して信念を持ち、日本人養蜂職人リーダーのもと、管理の行き届いた安心で安全な製品をご提供できるよう努めております。検査を実施しており、「残留農薬検出なし」が証明されています。

98%の高精度

TCNの安全対策
採血による新型コロナウイルス
抗体検査を実施

株式会社TCNでは、新型コロナウイルス対策に関しまして以下を実施しております。

  • ①輸入に際し輸出地からの輸送は消毒済食品グレードコンテナを利用
  • ②TCNでは各スタッフ全員に採血による抗体検査を実施
  • ③配達員は出社毎に全従業員に対し非接触型の体温計検温と次亜塩素酸水を携帯

現在、新型コロナウイルスによりマヌカハニーやプロポリス製品が加速度的に売れる中、在庫に支障がでるほどです。マヌカハニーをはじめ健康食品を扱う弊社では、重大な基礎疾患を抱えていらっしゃるお客様が多々おいでになります。新型コロナウイルスの感染は、こうした方々には重篤化する恐れがあり深刻なリスクです。また、感染経路が不明なケースが増え、多くの健康な方は感染している事さえ気付かず出勤されるなど、感染拡大の要因になっている現実があります。送付物などに付着した新型コロナウイルスは、24時間以上生存することも確認されており、TCNでは発送段階で、商品に触れるピッキングから梱包まで担当する全スタッフへ採血による抗体検査を実施、宅配業者の佐川急便営業所では、出社毎に全従業員に対し非接触型体温計で検温を行い、配達員は消毒用の次亜塩素酸水を携帯しております。このように、できる限りの感染防止を徹底し尽力させていただいておりますので、顧客様におかれましてはどうか、ご賢察の上、ご安心のほどお願い申し上げます。

TCN STORY

弊社のポリシー、自然の摂理に背く人工的な手法は一切用いておりません 弊社のポリシー、自然の摂理に背く人工的な手法は一切用いておりません

自然はとても気まぐれ、絶対という保証などありません。人間も大自然の中では小さな生き物のひとつ。いくら一生懸命にやっても及ばないことがあります。マヌカハニーのレベルもシーズン毎に変化します。
(株)TCNのマヌカハニーはミツバチ任せの自然製法。ミツバチにストレスを与えない。そして、ミツバチの健康はその産物をご利用になる顧客様の健康に直結しています。このように(株)TCNニュージーランド事業所ではなるべくミツバチに任せた自然採取方法をモットーにしています。非常に能率の悪い方法ですが、本物を追求するにはこれしかありませんし、それ故に同じものは二度と出来ません。

Beekeeper Profile Beekeeper Profile

株式会社TCNニュージーランド事業所主幹 辻重 画像 A.F.S.M.社 社長 株式会社TCNニュージーランド事業所主幹 辻重
A.F.S.M.社 社長 株式会社TCNニュージーランド事業所主幹 辻重
  • 1944年
  • 静岡県浜松市で出生
  • 1965年
  • 東京農業大学農学部在学中、5ヵ年計画の第一次隊の隊長として1年間の熱帯農業調査実習に大学より派遣され、単身アマゾン川河口より3.500km上流ボリビア国境まで流路航行し踏破・野生ゴム調査。帰国後、ラテンアメリカの魅力にひかれ、卒業と同時に再度ブラジルへ渡航。永住権を取得し、以来、20年以上、ブラジルの1次産品、特に蜂産品の生産・輸出を行う。その間に兄弟会社である輸出先の(株)テクノートに食品部を設立。主にプロポリス原料・アマゾン産薬草の輸出を行う。特に'80~'90年代にはプロポリス原料の日本向け輸出総量の60%以上を担う。
  • 1995年
  • マヌカハニーの健康への機能性に情熱を注ぎニュージーランドに移住。養蜂部門のプロフェッショナルとして永住権を取得し、マヌカの木由来の活性物質につき健康への機能性に着目し情熱を注ぐ。現地にニュージーランド事業所を設立し、実験養蜂場開設後、養蜂事業に専念する。特にマヌカハニーについてはとりわけ高い機能性が期待できる製品の日本向け輸出の生産と小規模養蜂家グループの協力で、高品位・高活性のマヌカハニー追求に尽力。当初、最高活性度とされた【活性強度15+】よりスタート。現在はこの種のはちみつの最高峰といえる【活性強度39+】の製品化に至る。

モンドセレクション金賞レポート

マヌカハニー MGO550 モンドセレクション金賞受賞

TCNマヌカハニーシリーズが、2020年度モンドセレクション金賞を受賞しました。
(MGO®860+/MGO®550+は、2019・2020年度連続”金賞”受賞となります。)弊社ニュージーランド産マヌカハニー製品の全種類『金賞』受賞はTCNだけ。この品質が世界的にも認められたことは、日頃よりご愛顧頂いている皆様のお力添えの賜物と感謝しております。これからも安全で高品質な製品をお届けして参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

※モンドセレクションは、1961年に世界中の優れた市販品(食品・飲料・化粧品など)の評価や品質向上を目的とし、ベルギー王国経済省とEC(現EU)が共同で創設。味、香り、外観やその他の感覚器官による判断の他に、消費者向けに表示されている情報、使用されている成分、革新的要素、パッケージおよび強調表示の真実性が評価され与えられる賞です。

スティックタイプとボトルタイプ、スタッフが食べ比べてみました スティックタイプとボトルタイプ、スタッフが食べ比べてみました

スタッフ用アイコン スタッフ用アイコン

スタッフM

濃厚ですが、
柔らかく上品な味です。

マヌカハニーのスティックタイプは市場に幾つかありますが、味は驚くほどにそれぞれ個性的。
TCNのMGO®550+スティックタイプは、ボトルタイプに比べると口当たりが柔らかく、濃厚でありながら食べやすいお味です。冷たい飲み物にも落としやすいので、アイスティーや炭酸水などにも美味しくいただけます。

スタッフ用アイコン スタッフ用アイコン

スタッフN

トレーニングに重宝します。

普段から携帯し易く、いざという時に食べやすいのでとても便利です。
栄養満点のはちみつはすぐにエネルギーに変わるため、トレーニング前のエネルギー補給としてぴったりです。スティックだからポケットに1~2本入れて移動できるので重宝しています。

味覚には個人差がありますので、ご購入前の参考程度に 味覚には個人差がありますので、ご購入前の参考程度に

User's Voice User's Voice

お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

お客様の声アイコン画像 お客様の声アイコン画像 体調管理には欠かせません

味を知りたいのと、持ち運びたくて購入。おいしい!!まろやかで、雑味がなく通常のはちみつを濃くしたような味がします。他のものだと、薬っぽかったりざらつきが感じられますがこれはまったくない!スゴイ!よほど丁寧に緻密に作られているのだなと思います。

お客様の声アイコン画像 お客様の声アイコン画像 愛猫のために

愛猫が猫伝染性のトラブルと診断され、何かしてあげられることは無いかと素人ながら色々調べてこちらの商品にたどり着きました。
食べさせられるか試すのにちょうど良く、嫌々ながらも食べてくれましたので、500g入の瓶を購入することにしました。ありがとうございました。 

お客様の声アイコン画像 お客様の声アイコン画像 携帯に便利。
受験生に持たせています

子どもが受験生のため、家での食事から塾や図書館での外食が多くなりました。外出先での人混みも気になるし、栄養面での偏りも心配で何かできることがないかと思い購入しました。
以前から愛用しているプロフィットと、スティックタイプのマヌカハニーも子どもが気に入って持ち歩いています。この冬はこれで乗り切った感じです。5箱セットは安くて助かります。

お客様の声アイコン画像 お客様の声アイコン画像 友人へのプレゼントに

以前はボトルから小分けにして持ち歩いていましたが、途中でタッパの蓋が外れてカバンを汚したり大変でした。スティックタイプがやっと発売されて嬉しいです。たくさん買って友人に差し上げていますが、箱がお洒落なのでちょっとしたプレゼントにとても喜ばれます。

この他にもTCNニュージーランド事業所が管理する「ご愛用者の声」もございます、是非ご一読ください。

ご愛用社の声 TCNニュージーランド事業所より バナー

こんな時にオススメ こんな時にオススメ

ポーチに入れて携帯するイメージ画像 ポーチに入れて携帯するイメージ画像

旅行や外出時の携帯用に 旅行や外出時の携帯用に

スティックタイプの一番の利点は持ち運びしやすいところ。どんな時でも、気になったらサッと食べられる手軽さが魅力です。

  • いつもマヌカハニーを持っておきたい
  • のど飴の代わりに
  • 体調を崩せない時のお守りに

オススメのお召し上がり方 オススメのお召し上がり方

単体でお召し上がりの場合は、一回につき1~3包を目安に日に数回お召し上がりください。回数は多い方が、より健康サポートにお役立ていただけます。

※本品は、天然のはちみつですのでお召し上がりの量などに特に定めはございません。ご自身の状態に合わせてお召し上がりください。

他アイテムと合わせても
お楽しみいただけます

スプレー式プロポリス プロフィット商品画像 スプレー式プロポリス プロフィット商品画像

プロフィット

商品ページへボタン 商品ページへボタン

生ローヤルゼリー ローヤルエイト商品画像 生ローヤルゼリー ローヤルエイト商品画像

ローヤルエイト

商品ページへボタン 商品ページへボタン

インカナムマヌカハニーMGO550+スティックタイプ3箱&ボトルタイプ1本セット 商品画像
《モンドセレクション金賞受賞品》
インカナム®マヌカハニー
MGO®550+スティックタイプ3箱&
ボトルタイプ1本セット
原材料 純粋活性マヌカ生はちみつ
内容量 スティック:50g(5g×10包)×3
ボトル:500g×1
価格 23,106円(税込)
数量
品 名 インカナム®マヌカハニー
MGO®550+(スティック+ボトル)
名 称 はちみつ
原材料名 純粋活性マヌカ生はちみつ
(レプトスペルマム系蜂蜜)
原産国 ニュージーランド
起源植物 マヌカ木
活性度相関算出数 度数:活性強度22.99
等級:超高活性
メチルグリオキサール
含有量
含有量:559mg/kg
分析方法:3成分統合蜂蜜分析法
分析所名:アナリティカ分析所
内容量 スティック:50g(5g×10包)×3
ボトル:500g×1
保存方法 直射日光を避けて涼しい場所で保存
受賞歴 2020年・2019年度モンドセレクション”金賞”
販売者 株式会社TCN